スポンサーリンク

子どもとのんびり水族館を満喫するなら「あわしまマリンパーク」!

静岡のお出かけスポット

みなさん、静岡県沼津市にある「あわしまマリンパーク」という水族館をご存知ですか?

八景島や名古屋港水族館などように大きな水族館ではありませんが、私も子どもたちもこの水族館が大好きで私たち家族は何回か行っています。

大きな水族館も魅力的ですが、「あわしまマリンパーク」には他の水族館とは違った楽しみ方が出来ます。

そこで今回は、「あわしまマリンパーク」の魅力についてご紹介したいと思います。

ぜひご覧になってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

淡島マリンパークの基本情報


◆住所・・・〒410-0221 静岡県沼津市内浦重寺186
◆電話番号・・・055-941-3126
◆営業時間・・・9:30~17:00(最終入園15:30)
◆駐車場・・・あり 500円/1日 最大150台
◆入園料・・・大人(中学生から)1800円 小人(4歳~小学生)900円
◆ペット預かり・・・500円/1日

>>「あわしまマリンパーク」の公式ホームページはこちら

「あわしまマリンパーク」の魅力

最初にも述べたように、「あわしまマリンパーク」は他の水族館にはない魅力がつまっています。

大人が行くには少し小さい水族館ですが、子どもは充分楽しめますし、なかなか大きな水族館にはないような素敵な場所です。

我が家でも何度か行きましたが、子どもたちは「また行きたい!」とよく言っています。

そんな我が家の人気スポット「あわしまマリンパーク」の子どもたちが好きなところ、魅力をまとめてみました。

駐車場から船に乗って移動

あわしまマリンパークは名前の通りになっています。

駐車場から船に乗って約3分程度で水族館の入り口に到着します。

あっという間についてしまうので船の苦手な方でも大丈夫!

なかなか船に乗る機会のない子どもたちは大喜び!

船はラブライブ仕様になっているので、ラブライブファンにも人気です。

ショーが間近で見ることが出来る

水族館といえば、イルカやアシカの「ショー」ですよね!!

ショーは水族館の醍醐味!!

あわしまマリンパークにも「アシカのショー」「イルカのショー」が定時で行われます。

あわしまマリンパークのショーの特徴は、「アシカとの距離が近い」ことと、「海で泳いでいるイルカを見ることが出来る」こと!!

大きな水族館に比べてステージの大きさは小さいですが、ステージと観客席の距離がとても近いのが淡島マリンパークの魅力です!

小さな水族館なので、人混みになることも少なく、ショーの開始時間を確認し早めに席を確保しておけば、かなり近い距離でショーを楽しむことが出来ます。

アシカショーはその日の気分でショーを披露するので、毎回アドリブなのもあわしまならでは!

ショーは一日に3回行われるので、3回全部見ても飽きないと思います。

たまにアシカショーにアザラシが参加することも!!

ショーの後に餌をあげるイベントなどもあります。

イルカのショーは海で行われます。

アシカのショーに比べて距離が遠くなってしまいますが、広い海でイルカたちものびのびとジャンプや技を披露してくれます。

ショーの時間はホームページで要チェック!

前回あわしまマリンパークに行ったときに、ショーのあと海の周りを散歩していたら、ちょうどイルカたちが技を練習しているところで、近くでイルカを見せてもらうことができました。

そんなラッキーなこともあわしまマリンパークならではだね♬

とっても可愛いイルカたちに癒された~♡

海の周りをお散歩出来る

あわしまマリンパークは島になっているので、水族館の周りは海になっています。

そして水族館の周りをお散歩することもできます。

海を見ながら、のんびりとお散歩するのもとても心地いいですよ~

水族館から少し離れたところに「カエル館」というところもあります。

国内最大のカエル博物館らしく、色んな種類のカエルがいるので、カエルが好きな方はぜひ!!

その近くの「いきもの広場」にはペンギンたちがたくさんいます。

ペンギンは水族館にもいますが、いきもの広場では水族館と違う種類のペンギンたちがみられます。

お散歩しながら生き物たちを見たり、のんびり楽しめて最高♪

水族館から生き物広場に向かって歩いて、生き物広場を過ぎてすぐにハイキングコースの入り口があります。

ハイキングコースをずっと登っていくと「淡島神社」があります!

ハイキングが好きな方、時間があったらぜひ挑戦してみてください。

行くときの注意!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

あわしまマリンパークに行ってみよう!と思っていただけましたか?

最後にあわしまマリンパークに行くときに私が思う気を付けた方がいいことです!

  • 駐車場に戻るのは大変なので必要になりそうな荷物は全部持っていく
  • お昼は持参した方が良いかも・・・

駐車場に戻るのは大変なので必要になりそうな荷物は全部持っていく

最初の方に述べたように、駐車場から水族館がある島までは船に乗って移動します。

船は定時で出発するので、水族館まで行ってから駐車場に戻るとなると、また船の出発の時間まで待たなくてはいけなくなるので、駐車場に戻るのに時間がかかってしまう場合があります。

なので、少し重くなってしまうかもしれませんが、必要になりそうなものはあらかじめ持って行った方がいいでしょう。

特に小さなお子さんは着替えなど持っていくか迷うかもしれませんが、迷ったら持って行くことをお勧めします!

お昼は持参した方が良いかも・・・

あわしまマリンパーク内にも「Mr.丼亭」という海鮮丼のお店と「うみねCafe」というカフェがあります。

空いていればいいですが、2つしかお店がないですし、お店もそんなに広くありません。

また、コンビニや売店もないのであわしまマリンパークの駐車場までの道のりで買ってくるのがおすすめです!

あわしまマリンパーク内に、数は少ないですが椅子とテーブルがあるので、私たち家族はそこでおにぎりやパンを食べます!

 

海を見ながらお弁当も、ピクニックっぽくて楽しい♪

まとめ

以上、子どもとのんびり水族館を満喫するなら「あわしまマリンパーク」!でした。

全国各地に水族館はありますが、どこも人混みだったりしてゆっくりショーを楽しんだり、じっくり魚が見れなかったりします。

あわしまマリンパークでしたら、そんなに人混みになりませんし、ゆっくり楽しめると思うので、特に小さなお子様にオススメです。

ぜひご家族で行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました